ミズレモン(ジャマイカン リリコイ)の味や特徴について

今回は宮古島産のミズレモン(ジャマイカンリリコイ)というフルーツを食してみました。黄色くサイズはレモンくらい、食べごろの果実の皮は光沢がなくマットで、触った感じはちょっとふわふわしています。

 

英語では「Water lemon」、和名がミズレモンです。わたしが買ったミズレモンのパッケージには、「ジャマイカンリリコイ」と書かれています。なぜジャマイカンなのか、パッケージの中にある説明書には書かれていませんでした。ジャマイカでもよく食べられているのかな?

Water lemon

 

 

 

ミズレモン(ジャマイカンリリコイ)とは

トウケイソウ科でパッションフルーツの仲間ですが、風味は違いパッションフルーツより甘く酸味が少ないです。リリコイはハワイ語パッションフルーツのことだそうです。

Water lemon 2

 

 

ミズレモンの栄養効果

ミズレモンで調べてもわからなかったので、ハワイ語の「LiLikoi」で調べてみました。日本のミズレモンと若干違うようなので、成分が全く同じではないかと思いますが、同じパッションフルーツの仲間なので参考になればと思います。

 

このサイトによると、抗酸化力の強いビタミンAやビタミンC、リボフラビンナイアシンなどの栄養素が豊富なスーパーフルーツだそうです。体だけでなく肌にも良いようです。

 引用:© EMINENCE ORGANIC SKIN CARE

 

 

ミズレモンの花

こんな派手でゴージャスです。南国の花らしいですね。

 

 果実の味

半分にカットしてスプーンで種ごと救って食べます。カットは縦や横お好みで。今回は中が見やすいように縦にカットしました。中はパッションフルーツみたいに種が詰まっています。

 

甘くてパッションフルーツほど酸味がなく、爽やかなトロピカルな香りがします。種もパッションフルーツみたいに固くないので食べやすいです。トロピカルフルーツ独特の香りがあるので、好き嫌いがありそうです。

Lilikoi

 

食べた後はこんな感じです。イボイボが残ってしまいます。

Lilikoi 2

 

【番外編】黄色いパッションフルーツ

ミズレモンと同じ黄色ですが、少し見た目が違う黄色のパッションフルーツも食べてみました。ハワイのリリコイとも若干形が違うようです。

 

味はパッションフルーツらしい独特の香りがありますが、紫色のパッションフルーツと比べて、酸味がほとんどありません。種の食感は同じくらいでした。

Yellow passion fruit

 

さいごに

トロピカルフルーツの独特の香りが好きなので、わたしは大好きな味でした。和名が「ミズレモン」なので酸っぱいフルーツを連想してしまいそうですが、名前のイメージとは異なる味でした。

 

宮古島にはまだまだ南国フルーツがたくさんあるので、またご紹介していきたいと思います。

 

 

pikipikipiki.net