バタフライピー(蝶豆)を乾燥させてお茶にしてみました

沖縄ではバタフライピーのお花が売っています。タイで買ったバタフライピーティを飲んでいたので、沖縄県産バタフライピーの花でお茶を作ってみました。

 

 

バタフライピーについて

バタフライピーについてや飲み方のアレンジについては、以前こちらで紹介しています。

 

バタフライピーティの作り方

お花を乾燥させるだけです。食品乾燥機やドライフルーツメーカーなどがあれば簡単に乾燥機で完全に乾燥させます。なければ天日干しや電子レンジを使って乾燥させることもできます。

 

あたらす市場では1パック80円~100円代で売っていました。お茶で買うよりかなり安いです。

butterfly pea

 

 数日経ってくるとだんだん花がしぼんできます。

butterfly pea

 

 

 わたしの乾燥方法は、しぼんできたバタフライピーをキッチンペーパーに並べて、60~70度くらいの保温機に、3時間ほど入れておくと完全に乾燥しました。乾燥すると思ったよりも少なくなってしまったので、3パックくらい買っておけばよかった感じです。

Dried butterfly pea

 

さいごに

バタフライピーティ自体は、ほんのり豆の香りがするくらいでほぼ味がないので、ちょい足して飲むのがおすすめです。(以前書いたブログで紹介しています)

 

わたしの最近の飲み方は、ミネラルウォーターやソーダで割って、シークワーサーや島レモン果汁の酸味を加えて飲んでいます。湿度の高い宮古島の夏に飲むとすっきりさっぱりします。