マイヤーレモンで作る塩麹

宮古島産無農薬のマイヤーレモンで、レモン塩麹を作ってみました。

目次

マイヤーレモンとは

一般的なレモンに比べて果皮は薄くて柔らかく、まろやかな香りでレモンほど酸っぱくなく、まろやかな味わいです。果肉を食べる事もでき、えぐみが少ないので皮ごと食べられます。

栄養成分

栄養成分
エネルギー 25kcal (脂肪 0kcal)
総脂質 0g, 0%
飽和脂肪酸 0g, 0%
トランス脂肪酸 0mg, 0%
コレステロール 0mg, 0%
ナトリウム 0mg, 0%
カリウム 100mg, 3%
炭水化物 4g, 1%
食物繊維 1g以下, 2%
糖 1g, 0%
タンパク質 1g以下, 0%
ビタミンA 0%
ビタミンC 20%
カルシウム 2%
鉄 0%
チアミン 2%
リボフラビン 2%
ナイアシン 2%
ビタミンB6 2%
葉酸 8%
パントテン酸 2%
リン 0%
亜鉛 0%
マグネシウム 2%
セレン 0%
銅 2%
マンガン 2%

  • 一日2,000 kcal、メイヤーレモンМサイズ一個を基準とした場合

出典:Freshpro Export Ltd.

材料

米麹200g

マイヤーレモン2個

å¡©100g

水300cc (レモン果汁含む)

マイヤーレモン塩麹の作り方

作り方はレモン塩麹と同じです。

①塩麹を入れる瓶を煮沸しておきます。

②レモンを半分に切って果汁を絞っておきます。レモンの皮をなるべく細く切っておきます。レモンの端は固いので、削除しておきます。

③麹にレモンの皮と、果汁とお水の合計300CCを加えます。

④塩は全体量の10~20%を入れます。(塩分控えめが良ければ10%、長持ちさせたいなら20パーセントが目安です。)全体を混ぜて、先ほど煮沸した瓶に入れていきます。

⑤多少空気が入るように、キッチンペーパーを瓶にかぶせておきます。常温で夏場は1週間くらい冬場は10日くらいかかるかと思います。毎日1回全体をかきませます。

⑥だんだんと色目も茶色っぽくなってきて、レモンの酸味や苦みがまろやかになってきたらできあがりです。

参考にしたレシピ

管理栄養士:関口絢子のウェルネスキッチン

さいごに

レモン塩麹を入れることによって、とても爽やかな料理になります。サラダに入れても良いし、とても便利な万能調味料にです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

宮古島のきれいな海や自然に癒されながら、自分時間をのんびりしたり、新たな発見を見つけたりして、日々の生活を楽しんでいます。好きなことや趣味のほかに、やってみて良かったことなど、気の向くまま書いているブログです。みなさまにお役に立てる情報をお届けできればと思います。

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次