鉄道パスで西ヨーロッパ周遊 きままひとり旅 【ウィーン編】

以前に行った西ヨーロッパ周遊旅行を備忘録として書いています。

 

次はチューリッヒからウィーンまで。

 

この区間は8時間以上の長距離を寝台列車で移動しました。

 

寝台列車は初めてだったのですが個室でなかったのもあって、あまり快適に眠れたという印象はなかったです。でも寝ている間に到着だったので時間は有効には使えました。

 

3月半ばでもウィーンはスイスよりも寒くて、雪がまだ積もっていました。雨や雪は降っていなくてよかったですが、寒くて霧がかかった感じでどんよりとした天気だったので、行動範囲が狭くなってしまいました。観光客も少なかったです。

 

 

ウィーン(Vienna)ってどんなところ?

Vienna

 ウィーンはオーストリア東部にある首都で、ドナウ川が流れていて周辺は森の囲まれた自然豊かな所です。「音楽の都」と言われていて、モーツァルト、ベートーベン、シューベルトなど多くの有名な音楽家ゆかりの地です。

The Danube

ドナウ川

 

ホーフブルク王宮(Hofburg Wien)

Hofburg royal palace

もとはハプスブルグ家の居城で、ホーフブルク王宮には旧王宮と新王宮があり、かつての栄光を象徴するようなコレクションが展示されています。 豪華な品々が展示されていて見応えがあります。

Hofburg Vienna

 

ウィーン市庁舎(Rathaus)

Vienna city hall

ゴシック様式の建築で、季節ごとに様々なイベントも開催されているそうです。

 

美術史博物館(Kunsthistorisches Museum)

Kunsthistorisches museum

絵画だけでなく、古代エジプトギリシャ・ローマの彫刻や、コインのコレクション、歴代の皇帝の収集した美術工芸品展示されています。

Kunsthistorisches Museum: Kunsthistorisches Museum Wien

 

ウィーン自然史博物館(Naturhistorisches Museum Wien)

Museum of natural history Vienna

美術史博物館の向かい側にあり、昆虫から恐竜など自然の歴史を辿ることができます。

Naturhistorisches Museum Wien - Naturhistorisches Museum Wien

 

シュテファン大聖堂(Domkirche St. Stephan)

St. Stephen's cathedral

Image by EM80 from Pixabay

荘厳なゴシック調の大聖堂です。 外観のモザイクの屋根が印象的でした。

 

カールス教会(Karlskirche)

Karlskirche

バロック建築の傑作のひとつに数えられる教会で、大きなドームと、両端に2つ巨大な円柱があるのが特長です。中には入らなかったのですが、中の天井にあるフレスコ画が美しいそうです。

 

ウィーン国立歌劇場(Wiener Staatsoper)

Vienna state opera

世界で最も重要なオペラハウスのひとつとされています。

 

Café Museum

Café Museum

ウィーンには伝統的なカフェが点在していて、ここもその中のひとつです。画家クリムトをはじめ多くのアーティストや作家たちが、ここのカフェの常連客だったそうです。中は落ち着いた雰囲気で、カフェだけど食事もできます。わたしはコーヒーとチョコレート系のケーキを食べたかと思いますが、味はおいしかったかなあ?あまり味の記憶がないです。

 

ひとこと

ウィーンの建築物の特長は、アクセントにゴールドを品よく使っているという感じが、印象的でした。

 

なぜかウィーンの名所である、フランス王妃となったマリー・アントワネットが15歳まで住んでいたという、「シェーンブルン宮殿」に行っていませんでした。どうして行かなかったのだったかなあ?

 

つぎはドイツのベルリンへ

 

つづく