鉄道パスで西ヨーロッパ周遊 きままひとり旅 【マドリード編】

以前に行った西ヨーロッパ周遊旅行を備忘録として書いています。

 

次はリスボンから終着点のマドリードまで。

列車で約8時間の長距離移動です。

 

 

マドリード(Madrid)ってどんなところ?

スペインの首都です。歴史的な建造物や、スペインの名高い画家たちの作品が所蔵された美術館や博物館が多く集まっています。中でもプラド美術館はスペインを代表する美術館としても知られています。

Prado museum

Image by falco from Pixabay

 

マヨール広場(Plaza Mayor)

フェリペ三世の騎士像がある街の中心にある広場で、レストランやスペイン雑貨やお土産品などのお店がならんでいます。

Plaza mayor

Image by Gilberto Pereira from Pixabay

 この周辺でお土産を買ったり、バルでタパスを楽しんだりしました。スペインは生ハムでも有名ですね。この周辺に「生ハム博物館/Museo del Jamón」などの生ハムのお店もいろいろあるので、生ハム好きなら行くしかありません。

bal

 

そして帰国

次の日にマドリードバラハス国際空港からニューヨークに戻りました。後から気付いてしまったのですが、ニューヨーク⇔マドリードの往復航空チケットを買ってしまったので、マドリードに戻ってこないといけなかったのでした。最終地点のリスボンから帰れば半日ゆとりができたのにトホホ。でも楽しめたからそれは必然的であったと思うことにしました。

 

最後に

長いようであっという間の旅行でした。思ったより時間を要したので行く予定だったのが変更になったり、途中銀行にキャッシュカードを取り忘れたり、電車に乗り遅れたりと珍道中もありましたが、何も被害にあったり、危険な目には合わなかったことはラッキーでした。

 

この旅は詰め込み旅行でどたばたという感じでしたが、いろいろな国の文化に触れれたことや、人々に出会えたことはとてもいい経験になりました。楽しかったこの旅の経験を活かして、また行きと思いました。今度行く時はもう少しゆったりと、そして食がメインの旅にしたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。